しょうがパン坊やのおうち

サラはここのところ、別ワールド(スーパーフラットsnow kingdomのスィートワールド)に滞在しております。久々のクリエイティブモードです。重力から解放されるって素敵ね~飛べるって自由ね~!どんな食べ物に挑戦しようかなあ~?

A Gingerbread Boy(しょうがパンの坊や)

そんなサラには自由を求めて?駆けていく「しょうがパンの坊や(A Gingerbread Boy)」が見えました。この場合のbreadはパンといっても焼き菓子の類(たぐい)で、しょうがパン坊や=ジンジャーブレッドマン=ジンジャークッキーなんですって。

 

%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc

ジンジャーブレッドマンを作りました。何気なく作ったのが背丈9の子。マイクラでの造形は8の倍数が基本かなと思ってますが、例えば犬や村人の胴体などに時々10や12も見かけますので、他に背丈8 10 12 16の子を作りました。

小さいのはいいことであちこちに使えそうですが、ジンジャーブレッドマンの特徴であるお顔や丸みを帯びた短い手足、胸のボタンや体に描く模様はこのミニな子たちにはイマイチ無理でした。

 

%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc2

そこで大きな子たちも作りました。16の子は立ち位置のため二度出演。20くらいになると自然なしょうがパン坊やになりますね。32になると、その上アイシングで縁取りとか模様とかまでできちゃいます。

 

2016-10-03_21-49-54

そして、背丈32のしょうがパン坊やはおうちだって作れちゃうんです。というか、今のサラはお菓子の家症候群を発症中なのです。

 

2016-10-03_21-51-37

屋根はココア&バニラクッキーにチョコの煙突。杖型キャンディの柱にウェハースの壁。砂糖の窓枠にはソーダアイスキャンディのガラスが。加えてどこもかしこもホイップクリーム塗り塗り!ドレンチェリーやアンゼリカ(さくらんぼやフキの砂糖煮)も飾りましょう。

 

2016-10-03_21-38-25

たあ坊とはなちゃんのおうちはお菓子の家じゃないっていうからできなかったこと、いっぱいしちゃおう♪ 西洋の森には無かったけれど、サラのスイート・ワールドにはあるのよ、おかしのおうち♡。デコレーションも~りもり。

 

2016-10-03_21-46-19

今まで漠然と想像していたおかしのおうちにはこんな大きなしょうがパン坊やはいなかったのだけど、作ってみたらとってもお気に入りに。それでつい、多めにスクショを載せてしまいましたが、そろそろ中へ入りましょう。

 

2016-10-04_00-04-25

チョコレートのドアを開けて入ったお部屋はリビングね。この時こうもりが飛び回ってて、まるでお菓子にたかるハエか蟻のようでした。

 

2016-10-04_00-07-48

キノコのテーブルセットとブラック&ホワイトチョコの暖炉。照明はキャンディで床はクッキー&バニラ。

 

2016-10-04_00-43-16

奧のお部屋は寝室ね。フルーツケーキのベッドはふわふわですよ~。マシュマロの枕とチョコマーブルのおふとん。

 

2016-10-04_01-18-20

マスカットグミのソファもあります。照明は音楽を奏でて回るメリーゴーランドになるのです。一曲回ると一日若返るのです。おやすみなさい。

 

2016-10-03_17-46-57

雪原の一軒屋では寂しいのでお菓子たちを植えました。

 

2016-10-03_17-54-06

すべてのジンジャーブレッドマンが集まってきて、おうちを囲んでくれました。ここはしょうがパン坊や街区となりました。
この街区も前回のケーキ街区も、最小マップ一枚分の敷地です。視野30にこだわっているので、敷地の向こう側の端が霞んでしまってスクショ撮るのが大変でした。

たあ坊と花ちゃんもしょうがパン坊やのおうちへ来れば良かったのにね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

海外のことなど何も知らない幼い頃読んだ「しょうがパンの坊や」。文字通りに解釈して、おいしいパンになんでしょうがなんて入れるの?パンなんて柔らかいのが立って走る?とか子どもの形したものを食べるなんて!?とか、とにかくカルチャーショックでしたのよ。

お菓子の家いいね♡の方はクリックお願いします。

minecraft88_31

br_c_3382_2
クリックするとマイクラブログ一覧ページが出ます。マイクラ風土記も参加しています。
記事へのコメントは下欄の青字「Leave a comment」からどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

4 comments on «しょうがパン坊やのおうち»

  1. 生姜を栽培している中世ヨーロッパ人が、確かに自分も想像できてない。メアリーポピンズにも、激しく中世の残り香がするけど、あれは都会。修道師ファルコやディケンズにないかしら。ピーターラビットにウサギタバコやニンジン かぶ ニンニクは在れど、生姜畑はない。臭い消しに必需です。

  2. しまさんこんにちは。
    しまさんのコメントに啓発されてググったら、生姜は胡椒と同様に大航海時代にヨーロッパに持ち込まれ、1ポンドで羊一匹の価値があり、瞬く間に栽培が広まったけどもそれは新大陸の西インド諸島とかで、だそうです。案外歴史が浅いですし、どうも自国で栽培する作物じゃなさそうですね。そこで、ピーターラビット君は生姜畑は知らないと推測。
    その頃のヘンリー8世が健康に対する生姜の効用を説いたからジンジャーブレッドマンが誕生とかいう説が多いですが、クリスマスに飾ることからしても、まじない的な病気を祓う生姜信仰が根っこにあるのかなと思いました。まじないなら人型をしているのも腑に落ちます。
    ディケンズのクリスマスキャロルのご馳走メニューにジンジャーブレッドマンがあるかまだ不明ですが、その過程で現行のクリスマスを広めたのはビクトリア女王の夫アルバート公とまさにこの C・ ディケンズだと知り、あるのじゃないかなあと思ってます。
    あちらの人々の心に特別な愛着があるからしょうがパン坊やは昔話として残ったのかと今なら思えます。文化圏が違うしジンジャーマンなんて見たこともない子どもの頃は「しょうがパン坊や」は得体のしれない違和感がありまくりでかえって話を覚えています。あれがカルチャーショックというものなんですかね。

  3. 生姜パンの話は知りませんがやっぱでかくするとかわいいですねー
    サムネでびっくりしましたお菓子の家にしか見えない!(語彙貧困)
    ビーコンシャンデリアもすごい綺麗デス

    • でしょでしょ♡
      これがお菓子の家症候群患者の家です。何してもお菓子の家のことしか考えられない病気です。「森の魔女の家がお菓子の家じゃなかったショック」で発症してしまったのですが、一軒お菓子の家を建てて落ち着きました。そしてお菓子の家にしかみえなーいと言ってもらえたので、にっこり元気に。ビーコンシャンデリア、偶然できたのですが簡単・きれいでサラもお気に入り。けど、本来のサバイバルワールドだとビーコン入手がたいへんだから使えないのが残念です。

コメントを残す