ワンス⑤人狼ばあちゃんの店で一休み

【はじめに】これはドラマ「ワンスアポンアタイム」をオマージュしてサラが作ったマイクラ話です。元々ドラマは実在の町スティーブストンでロケしていますので町に実際にある建物の話が混じります。第五話。

 

今回は、このストーリーブルック町の目抜き通りを4つに分けたうちの、いよいよ最後の区画、人狼の「おばあちゃんの店」区画を作りました。

 

左:自動車修理工場 中央:☆肉屋☆法律事務所☆ペットシェルター 中央裏:巨大倉庫 右:おばあちゃんの店

 

1.Marine Garage

海辺の町らしい名前です。「マリン・ガレージ」ガレージと言っても自動車修理工場です。事務所にくっついている、大きく口を開いた車の格納庫がそれっぽいですね。元々はガソリンスタンドでした。給油機はそのまま残してあるので、「ガソリンスタンド」でも通用したりします。

この角で白雪姫とチャーミング王子(だった)二人が出会ったり言い争ったりkissしてたり。そんな二人を背景でいつも見守ってくれていたガレージ。ここの修理工は実はヘンゼルとグレーテルのお父さん(だった)なんですよ。

 

後ろから見るとこう。格納庫から裏は車置き場です。茶色い車は修理完了したので引き渡すところです。デザインがやや古いのはドラマ設定です。28年間時が止まっていたので町には1980年代までの車しかないのです。

 

この車すごいでしょ?これは猫だるさんの動画「平凡な車の作り方」を見て作りました(動画へはクリックで)。

でも見た目がちょっと違うかも。バニラとはテクスチャが違う上にcocricotではできない点があったからです。そこはサラ仕様に変えました。

cocricotで作る場合のメモ。

①車体を作るのはハーフブロックと階段ブロックを兼ね備えたブロックであること。
②cocricotにはドアが木のドアと鉄のドア二種類しかなく、いずれも茶色。
③カーペットはcocricotでは黒・白・橙・茶は丸くなったりぼやぼやになったりしますので車には使えません。灰色は四角のままですがぼつぼつの触感で茶色に見えます。他の色はそのまま。

①②③の条件により、cocricotでは猫だる車は茶色の木の板を使ったぼつぼつの茶色い車にするしかなさそうです。でも、茶色ならではのいいこともありました。

④ドアミラーはウィザースケルトンの頭ですがcocricotにはそんなものありません。代わりになりそうなポスト等はレバーの上で存在できません。ところが、キノコの変化したもの(大抵茶色ですが)その茶色い手鏡がレバーの上に載せられたのです。ほんとのドア鏡みたいで嬉しくなりました。

レバー上への鏡の載せ方
ア レバーの上のマスに適当なブロックを設置します。
イ 茶キノコをメタ8の呪文を唱えて選択したままマウスポインタを適当なブロックに当てる。
ウ そのままキーボードのZを押す。ポン!

Zキーでブロックを変えられるものと変えられないものがあるんですよね。ポストは変えられませんがキノコは変えられるので助かります。

⑤タイヤは黒羊毛にボタンでしたが、cocrikotにはせっかく車輪があるのだから車輪にしました。隣のハーフブロックにひっかけて設置します。メタは3、反対側は6。バイオームはフォレスト限定です。

⑥cocricotは落ち着いた色合いが魅力なのですが、逆にいえば金ブロックもレッドストーンブロックも輝きがありません。ヘッドランプにはランタンをつけたらうわー、丸くて光り輝いてリアルじゃありませんか。

⑦蜘蛛の糸は完全透明なガラスのメタ15に変えました。蜘蛛の糸よりしっかりしてて扱いやすいです。

2.一つ屋根の三店舗

天窓のバンバンついた、一つの大きな屋根の下に三つのお店が仲良く並んでいます。左からA肉屋・B法律事務所・Cペットシェルター(※)。ワンスの中でもここのお店設定はコロコロ変わるのですが、そこに加えて実在のお店は二軒分つながってたりなんだりとサラはかなり混乱しました。

他のスクショで、後ろに見えている黄色い大きな建物は、この三つの建物と密着していますが別棟です。ワンスには一切出て来ませんので、サラ設定で巨大倉庫にしました。港町ですから海産物の集積地ということで。本当はもっと奥まで続く細長い建物なのですが、このストーリーブルックを森で囲む関係で、バターをナイフで切るように途中でスパッとカットしました。

 

2-A 肉屋「Chop shop」

ワンスのストーンブルックしかも目抜き通り沿い。そこにある店が普通の店のはずはありません。案の定ここのオーナーはボーピープ!(西洋のネイティブさんたちが聞いて育つ歌に出てくる羊飼いの少女)

それが肉屋って・・・。ラムとマトン専門店?店名もおっそろしいchop屋(ぶった切る屋)ですよ。黒の壁に赤い看板、そこに踊るのはオレンジの文字というどぎつさにも辟易。にんにくと油でガッツリ系の焼肉屋かと思ったわ。

cocricotではバイオームをextreme_hillsにするとトラップドアが赤くなるし、ベンチの背もたれ風になるので、ジャック・オー・ランタンの上に被せたらちょうどそんなどぎつい感じが出せました。

おとぎの森でも現代でも意地悪な太めのおばさんになっちゃって悪役サイドだし、ガサツに肉をぶった切ってるこんなボーピープなじめません。

 

2-B 法律事務所「duperre & hughes」

 

真ん中は法律事務所ですって。両隣と違ってドラマでは舞台になったことはありませんが、きちんと設定してもらっていることだしこれからかな?本当は一郎亭系列の日本風洋食屋さん。オムライスとかカナダの人には珍しいものでしょうね。この町は19世紀から日本移民が多いのです。

でもこれまで建てた感じでは、建物はみんなカナダ風。屋根だって寄棟などの日本風なのはなかったかな、平たいの多し。三軒ともうなぎの寝床のような長細い店なのでマイクラ建築中は暗くて暗くて。日光を確保するために通りに面した窓は大きくして天窓をバシバシ設置してようやく一息つきました。現実の店に窓と天窓がある意味を体感しました。

 

2-C ペットシェルター

ペットシェルターとは犬猫その他愛玩動物に里親を探してやるための組織だそうです。白雪姫を殺そうとした狩人(だった)グラハムが通っていたところ。

もっとも、ここはドラマのための架空の店で、普段はドラマで使うものの倉庫にしてるという話です。グーグルマップで見ると洋服店だった時もあったのですけどね。

ワンスの中でもここは店が変わります。グラハムが死亡したからか、ペットシェルターはいつの間にか「 Any Given Sundae」というアイスクリーム屋さんになってました。オーナーは雪の女王。自らの氷魔法で冷凍は完璧。電気代いらないね。天職ですね。よかったね。でもなんだかんだあって昇天しちゃったら、今度は「Three Bears Day Spa」に。

 

三軒紹介しましたが、ドラマではこんな角度から映ることが多くて、少なくともサラには印象に残りませんでした。まあこの区画は、青の柵のとこ、「おばあちゃんの店」がメインですからね。

 

3.おばあちゃんの店「Granny’s Diner」

人狼一族の現在の長であるおばあちゃんのダイナー、Granny’s Diner。通称「おばあちゃんの店」。気軽な夕食から王子様の命名披露パーティーまでなんでもここ。

二階は別の店です。脇に階段をつけました。店の正面と客席以外は、特にこのあたりはドラマにもグーグルマップにも映りません。唯一の手掛かり上空撮影も、おばあちゃんの店のまわりは大きな木が植えられていて肝心なところが見えず、伐採したかったです。それでも目を凝らして後はサラの推測で建てました。

 

おばあちゃんの店の正面。沢山の葉っぱや植木に覆われているのが特徴。家は木に覆われているのだけど、マイクラでは邪魔なだけで家並が損なわれるので伐採しました。

飾り電球が綺麗です。ペットシェルターの青い壁は格好の看板かけになっています。ストーリーブルックマンションの分譲、なんとか歯科はこっち、など。この位置だとおばあちゃんの店の外テーブルで食事している人しか見ないと思うのだけど。効果あるのかな。

 

手すり付きの階段と一段高くなってる床。この辺には珍しい切り妻風の二階家。お外のテラス席もわいわい、みんなに愛されている店です。

 

キノコ。おわかりになるだろうか、ドアの脇に不気味に立つキノコを。室内のテーブルに置いたキノコを飲み物とかに化かしたものが増殖して、ついには外へ出てきてしまいました。キノコは壁越しに繁殖できることがわかりました。

 

ドアを開けて入ったところ。カウンター席とテーブル席に分かれています。カウンターの中にはおばあちゃんがいてお料理を出してくれたり飲み物をついでくれたりするのですが、本当にお料理をするのは正面のキッチンです。ちゃんとシェフを雇っています。(名物のラザニアは冷凍チンらしい。)

 

ウェイトレスは赤ずきんちゃん。おばあさんの孫です。彼女はモロに人狼です。犬のように嗅覚が良かったり犬と話せたり。前記事の愛犬ポンゴが向かったのはこの店だったのも赤ずきんちゃんがいるからでしょうね。

Ver.1.7のcocricotではスリムなアレックススキンがありません。今ではスキンはレイヤーが上下に分かれていますが、それもまだないようです。サラは赤ずきんスキンで入ってみましたが、下レイヤーしか反映されず服は脱げていました。でも頭だけはしっかり頭巾を被っているので間違えて下レイヤーに描いたかと確認しましたが、ちゃんと上レイヤーに描いてました。なんで頭だけ被れているのかわからない。

cocricot用にスティーブ体型の赤ずきんを下レイヤーのみで作り直そうかとも考えましたが、普通の赤ずきんを切り張りしてみたらどうかと思いつき、やってみたのがこのスクショです。シリアスなcocricotにアニメチックな赤ずきん、浮いてますね。でもかわいい。彩度を暗くしたりいろいろやった結果、影をつけるのならいいけど、ただ暗くしたのではおかしいとわかりましたので、いっそ元通りの自然色の赤ずきんに決めました。かわいい。

あ!!ワンスの赤ずきんちゃんは人狼だったわ!こんな満月の晩に外に出しちゃったら危な~い!!

でも大丈夫、ワンス設定ではこの子の被っている赤ずきんには満月の夜でも狼に変身しない魔法がかかっているのです。でも風が吹いたら脱げちゃったりしないかしら。

 

ごちそうさま。ドアの方を向きます。ドラマではたいていこの視点になるとたいてい誰かが入って来ます。

キノコの隣にキノコを置くとはじけ飛ぶ現象、どうにかなりませんかねえ。もっと並べたいのです。それからテーブルの正体はガラスですが、ガラスの上にも感圧版やキノコが置けたらいいのに。テーブルの上には感圧版の化けたお料理を載せたいじゃないですか。これは元々のマイクラ仕様ですから仕方ないけども。

 

たぶんこんなキッチン。

 

キッチンの裏は休憩室。シェフの着替えとかおばあさんのエプロンとかも置いています。それと、売り上げの計算もしなきゃ。ベッドはサバイバルで遊ぶ時のため置けるとこにはすかさず置いています。あ、これソファのつもりなんだけども。

4.街並みの穴埋め

最終的な街の配置図です。

黄字:ワンス設定の建物 青字:ロケ地にあるけどサラ設定の建物。緑字:建築も設定もサラの架空建物。

全ての区画が終わって町を四角く整備したところ、時計台(図書館)区画に空き地が発生したのでそこにサラ不動産の建売住宅を建てました。

 

4-A 双子の拡大民家C

空き地に二軒建売住宅を建てます。サラ不動産といえばBF村。BF村の民家Cを建売しようと基礎を置いてみました。(上の枠組み)。ただ、この町ではプチ贅沢に玄関部屋を加えて広くした拡大民家Cに変えました。(下の枠組み)。BF村では内壁も作ったので実際の専有面積はBF村でもこの町でもほぼ同じなんですが。

 

 時計塔(図書館)側から見た拡大民家C。壁材を変え屋根を青くしたり煙突を無くしたり窓を多くしたりしてたら、BF村とはだいぶ様変わりしましたが、面影は残っています。

 

こちらの拡大民家Cは時計塔(図書館)方向が正面。同じ間取りの二軒が背中合わせに建っています。大家さんは隣のスプーンおばさんです。ご主人のビョルンさんがペンキ屋をリタイアした後もこれで安心。

 

4-B 移動図書館トラック

町の区画整備に伴い、時計塔(図書館)の裏手も大きく空いたので、帰ってきた移動図書館トラックを作りました。実際の裏手も空き地になっていて車がバラバラと停まっています。

 

すごいトラックでしょ。これも猫だるさんの動画「トラックの簡単な作り方」を見て真似しました。整備工場の車と同様にcocricot仕様に変えました。cocricotはテクスチャ描き込みが素晴らしい分、建築材料としては色的に使えるものが少ないことに気付きました。ましてハーフや階段のあるブロック制約がつくと頭が体操します。

荷台の壁にある青い四角は、走る広告です。モニターと言い張って、荷台の壁がガバっと開いてステージになるんだと大風呂敷を広げてもよかったけど、そんなステージより時計台(図書館)には移動図書館の方がふさわしいです。

 

5.森に囲まれる

町のまわりに木を植えて植えて植えまくりました。cocricotではオークの木は意外と大地の緑と同化してしまいますし意外と背丈が低いので、マツやらダークオークやら他の木も散りばめました。森のわさわさ感を出すにはこういう緑濃い木ばかり植えた方がいいかもしれません。

これで森の中に魔法で突如出現した町になりました。「ワンス①おとぎワールド」の何もなかった頃のスクショと比べてみるとおもしろいです。

 

6.ストーリーブルックの絵葉書

今回で町も整いました。そこで、名所旧跡の風景を絵葉書にしました。ギャラリーになっていますので、お好きなスクショをクリックすれば大きなサイズでご覧になれます。個々の建物にもいい情景がありますので、右サイドバーにある一覧からそれぞれの記事をご覧ください。

マイクラだけに16色いえ16枚組の絵葉書セットができちゃった。断捨離難しい。

沢山あってお腹いっぱい・・・て言わないで。ね?ね?

 

7.ひと休み

まだMr.ゴールドのお屋敷とか作りたいものがあるのですが、それらは少し離れたところにある設定です。ロケ地も別の町です。近いうちに作るつもりですが、おばあちゃんの店区画をもってひとつながりのメインストリートを作り終えたので、ワンスはここでひと休みといたします。おばあちゃんの店でひと休みです。バニラに帰ろうかな。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   ↓↓↓ ☆いいねクリック☆ ↓↓↓

にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

クリックでどちらもマイクラブログ一覧ページが出ます。
マイクラ風土記はどちらも参加しています。クリックして頂けるとすごく励みになります。
クリックはお好きな方で結構ですがもしよかったら両方ともお願いします。

記事へのコメントは下欄からどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3 comments on «ワンス⑤人狼ばあちゃんの店で一休み»

  1. やっぱりサラずきんかわいいなぁ……
    緑が四角くないとかなり美しくリアルになりますね。おばあちゃんの店だいぶ気合い入ってますね。お洒落!
    植林めっちゃ頑張りましたね!お疲れ様です魔法で現れた感じすごく出てますよ!!

    • わあい、感じ出てます?
      いっぱいいっぱいオークを植えまくっても上から見たら色が薄かったし、ver.1.7って巨木ができないバージョンでしたっけ?なんか背が低いので、オークって意外と森には向かないのかなと損した気分でしたから、感じ出てるって聞いて良かったです。今度森を作るなら、色の濃いマツやダークオークばっかりで作ってみようと思っています。いかにも子どもが捨てられてそうな怖い感じになりそうだけど。

      サラずきんちゃんはほんとかわいくて色々使えるいいスキンです。サラずきんちゃんのいるおばあちゃんの店、もうあそこに住んでるくらい詳しくなりました!それにおっしゃる通りcocricotがぴったりなんですよね。ロケ地に行ってみたいなあ、バンクーバーのスティーブストン。でも撮影している店は去年だかに閉店しちゃったんですって。時計塔も売りに出されているし、2011年から数年でだいぶ変わるものですね。

コメントを残す