スポーントンネルに脚光を

2015-12-02_07.49.312015-11-22_23.35.13かなり昔、まだブログを始めた頃、スポーン広場のすぐ南の山を削りトンネルを掘りました。それから100記事以上、表舞台に出ませんでしたが、実はずっと活躍していました。

左は無理して撮った上空写真。スポーン広場の南の木々の間に少し花崗岩が見えてます。だいぶ長いトンネルで、百ビルのあるフォレスト丘との境の川に出ます。

もちろんトンネルとして何回も行き来しましたが、いつしか拠点としての役割を果たすようになりました。

何も無かった初期には雨露をしのぎ、敵モブから守られ、資材が置けるところとして、このトンネルは重宝だったからです。スポーン地点周辺の干拓にとりかかっては、拠点さえ建築しないまま、メサへ行ったり南ジャングルへ行ったりしていたので、このあたりは初期のままの状態が長く続いていたという事情もあります。

2015-12-03_06.52.11家どころか干拓せねばならなかった初期、居場所に困ったサラは洞窟住まいを閃いて、トンネルの両脇を掘り掘りし、巨大なスペースを作りました。丸石すらろくになかった当時、ここを掘るのが嬉しかったっけ。

2015-12-02_22.46.40
初期の右側スペースです。拠点は別にちゃんと作るつもりでいましたので、メサや南ジャングルから帰って来ては、唯一の堅牢な建物であるこのトンネルの中にとりあえず荷物を置いとくを繰り返し、この後もチェストが増えていきました。

2015-12-02_22.48.59

こちら側の巨大スペースには村人を入れるつもりでした。鉄の扉は村人治療インに通じています。


【現在】スポーン広場周辺の干拓はとっくに終了し、いろいろ建物や設備が整って来ましたので、今回は長年の功労者であるトンネルさんをきちんと整備してあげようと思います。拠点(倉庫)と商店街がいよいよ現実となるのか!?!?


2015-11-25_11.42.03まずはトンネルの壁を取り払い、左右の巨大スペースをこのような9☓7のセルに分割します。9×7にした理由は商店街の回に明らかにしますが、このスクショにも既に見えています。(将来できる予定の)お城の地下にあるので、アーチ構造にしました。

2015-11-28_07.39.08家畜の安寧通りにある農民団で増えた村人たちをどんどんリクルート。

2015-11-27_00.43.13かまどトロッコが後押し、スポーントンネルまで快適な旅。

2015-11-29_19.15.18大量移住。とたんに村人補完計画が行われているようです。カップルだらけ。

2015-12-03_19.15.02牧師と司書はよく生まれるので、移住枠はすぐに満たし、余ってしまいました。小麦畑と人参畑にわかれてもらいましたので、紅白畑になりました。本来の主である農民系がかすんでますね。

2015-12-01_07.16.36さらに、家畜の安寧通りにある農民団を守る兵士の中から三人、スポーントンネル隊に転属してもらいます。

2015-12-02_07.49.41移住の間にも大規模リフォームを進めて、こんな感じになりました。この後の進展はいかに!?

コメントを残す