なんでも揃う♪スポーン商店街

2015-12-04_04.43.57本日はスポーン商店街のオープン日です。サラもエメラルドを持って買い物にきました。

2015-12-04_04.48.23「牧師の館」スポーン店。あの犬のエサゾンビ肉をエメラルドと交換してくれる有り難い店。ラピスラズリやエンダーアイ、エンチャント瓶など、あればいいなのお助けグッズが手に入る、慈愛の店。

2015-12-02_07.51.5712人の牧師さんがあなたを歓迎してくれます。牧師ってことはプロテスタントですね。だけど12使徒の数になったのは偶然です。この形に村人を入れたかったから12人、そしてこれがトンネルに脚光をの記事で予告した、9×7サイズになった理由です。

2015-12-04_07.53.04二軒目は「司書の館」スポーン店。エンチャントの数が多すぎて、12人ではカバーしきれず本店にはなれませんでした。本や紙の持ち込みが喜ばれます。本棚はわかりますが、なぜコンパスやガラスを売っているのかな。

2015-12-02_07.54.17 売り買いのレートやエンチャントの種類などが看板に書いてあります。一番ふさわしい司書さんのブースでお取引ください。

2015-12-04_07.55.48三軒目は武器鍛冶屋。エンチャントまでつけてくれて。種類は鍛冶屋の頭上に看板で・・以下同じなので、店内は省略。
斧って木を切る道具かと思ってた・・・。そういえば、RPGの武器選択ってよく剣・槍・斧のうちどれにする?ってやりますね。

2015-12-04_08.20.16四軒目は防具鍛冶屋。人気の防具が店先に飾られています。素人には作れないチェーンシリーズが揃っているのが嬉しいですね。チェストプレートのエンチャントの種類は店内の看板に。

2015-12-04_08.31.35五軒目。道具屋の店先は簡素なもの。でも商品はエンチャント付きの逸品揃い。種類は店内の看・・以下略。金属を鍛えるためにかまどを常時燃やす必要があるのか、鍛冶屋系は三軒とも石炭とエメラルドを交換してくれます。

2015-12-04_08.42.05六軒目は革細工師のいる店。革しかいらん!という一途な職人気質で商品も少ないのですが品質は保証つきです。素人には作れないサドルも売っています。

2015-12-04_08.48.11七軒目は肉屋。ここの焼き鳥や焼き豚はやみつきになると評判です。売るのも買うのも鶏と豚限定なんですね。あと石炭の買取り。肉を焼くのに石炭を使うのでしょうか。

2015-12-04_09.14.27八軒目は新鮮採れたて販売ショップ。農家と釣り師が収穫物を並べています。焼き魚するから、ここでも石炭が通用します。ケーキ♡、かぼちゃパイ、クッキー。でもベイクドポテトは無いんだね。

2015-12-04_19.02.32九軒目は矢師と羊飼いのショップ。商品は弓矢と羊毛。砂利にエメラルドを添えて火打石と交換って、需要あるのかしら。ところで、矢師さん、羽や木の棒はどうしてるの?

※農民系は生まれる確率が低いので、半数の6人ずつ、店もハーフ&ハーフにしました。
※地形の関係で9×7スペースが拠点側は11とれましたが、商店街側は10でした。一区画は別の目的に使いましたので9軒で全室埋まりました。

2015-12-01_07.25.54オープン前のある日のできごと。まだ骨組しかできていない商店街を、小麦農民団から転属した兵士たちが愛着を持ってパトロール。入居した村人たちは安心して開店準備に大わらわ。

2015-12-04_19.43.29生まれ変わったスポーントンネル、商店街をどうぞご贔屓に。

2 comments on «なんでも揃う♪スポーン商店街»

  1. こんばんは(^-^)

    この記事、商店街を見た瞬間「これだ!」と閃きました。

    前のワールドでズラーっとチェストを並べていた自動仕分け。
    この商店街のようにして、石関係 木関係 お花など仕切っていけばいいかも!

    入れるところは1箇所で、そこに入れたら何でもちゃんと仕分けられてそれぞれの場所に運ばれていくという。

    ほんとサラさんとこは参考にさせていただく事が多い多い(人゚∀゚*)

    動画の中で、「こちらを参考にさせていただきました」と画像を載せさせていただく事は可能でしょうか?

    いつもお返事、ご視聴ありがとうございます☆

    • え・そんな・・・ポッ(*゚.゚)(゚.゚*)ポッ・・・・でも嬉しい!

      どうぞURLでも画像でもお使いください。呼び名は「マイクラ風土記」です。
      こないだ動画でサラさんのブログと言ってくださったのも聞きましたよ。ニコニコしました。

      あのすんごい仕分け機がまた登場するのですね。そして、それが何部屋にも分かれて流れていくという・・・いったいどういう壮大な眺めになるのか・・・わくわくします。

コメントを残す