フェンス扉が上下に開閉するの

~~動くフェンス扉の船着き場~~

柵とか窓とか机の脚とか万能アイテム「フェンス」。水をも堰き止める堅く固定されたイメージですが、動くんです。
その仕組み記事の後半に載ってます。

2016-02-06_02.33.13

自然の地形を活かした暫定的船着き場(仮)。ここを柵が上下に開いて開門する本物の船着き場に格上げします。

 

2016-02-06_02.34.15

Beforeですよ。海から入って来た船をチューリップが出迎えてくれます。

 

2016-02-05_18.00.28

Afrer。西洋中世風の柵が上下に開閉する立派な門ができました。どーも君やおこしん君の親戚ではありません。

 

2016-02-07_19.01.37

湖から一本の川となって船着き場につながっています。茶キノコの上にいるクリーパーは夕陽に何を誓っているのでしょう?PCでも見えにくいので、スマホの方はお近くのPCでご覧になるか、心眼あるいは白眼を使ってください。

 

2016-02-05_18.02.16

湖から来たよ。ただいまー。ネザーレンガの堅牢なフェンスが行く手を阻みます。

 

2016-02-05_18.01.43

open sesame! 開けゴマ!・・・・・・ガチャ、ガチャガチャ、わーい、開いたわ♡

 

2016-02-05_18.11.34

呪文を唱えられない方はこのボタンを押してください。下の方ね。

 

2016-02-05_18.11.10

開門します。砂が盛り上がり、下がり、3ブロック上がって水がかぶさるさまを間近で見ることができます。開門。そして、すいーっと接岸。ボタンは上の方を押したらフェンスが閉じます。

 

2016-02-05_18.13.31

反対側。ボートから降りたらお城の庭に続くチューリップの小道。

 

2016-02-05_18.14.16

飛び石踏んでこの先はハートマークベンチのある噴水池です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フェンス扉を三段上げて開閉する方法

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2016-02-07_22.57.33

ほら、3ブロック分フェンスが上がっていますよ。実際は水が一ブロック地面を覆いますから、2ブロックの高さに見えます。

今度他に作る時に思い出せるよう、作り方をメモしときます。
2016-02-07_21.10.55

フェンスを3段上げ下げするための回路はこの下にあります。水を抜きました。

 

2016-02-07_22.47.39

全体的にはこう。左側が演算回路。右側が伝達回路。 これは砂を三段持ち上げて、動かしたピストンを初期状態に戻す装置です。砂は自動落下で初期状態になります。

 

2016-02-07_22.51.43

フェンスを3段持ち上げるために、ピストン3段構えで対応します。上からピストンA、ピストンB、ピストンCとすると、ON信号は下からC②B③Aの順番に入力します。OFF信号は逆に上から①A②B③Cと流します。

 

2016-02-07_22.53.01

3段目ピストンCへの伝達回路。最初にONが来て最後にOFFが来るので、右上に見える回路でONの時間を延ばします。

 

2016-02-07_22.53.17

二段目ピストンBへの伝達回路は特別に一回目と二回目があります。上の赤石粉の横列が一回目。下のリピーターと赤石粉の列が二回目用です。

 

2016-02-07_22.53.59

一段目の伝達回路です。シンプルに信号がピストンAに送られるだけです。

 

2016-02-07_22.55.43

演算回路の下、底にONからOFFになった時に、一瞬だけONを作りだす装置。これでピストンBに二回目の信号を送ります。

 

2016-02-07_22.55.07

演算回路の上、ここはピストンABC に分けて送る分岐点です。

 

2016-02-08_18.21.05

天井には扉を閉じる時にフェンスを押し下げる回路。三段上がってるけど水面で一段消費しているので二段下げればOK。

 

2016-02-07_22.49.13

テ、テロリストが来た!土ブロック一個で開閉装置を破壊。上に乗っていたリピーター返して!大事な装置はエンダーマンが持てないブロックで作るべきでした。

 

最後に土でふたをして、バケツでバシャーン。トッピングにボートを浮かべて出来上がり。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

渾身のフェンス三段上げ、できてうれしい、テロひどい。

☆クリック☆お願いします。サラの励みになります。

にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

クリックでどちらもマイクラブログ一覧ページが出ます。
マイクラ風土記はどちらも参加していますので、もしよかったら両方クリックして頂けるとすごく嬉しいです。。

記事へのコメントは下欄からどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントを残す