地下だけど地下じゃない

2016-02-27_01.01.41

スポーン城の裏の顔。ここの一階の中央にあるダークオーク扉、これは重要な扉ですが、今回、ますます重要度が増しました。

サラ・ワールドは基本y65で整地しますが、城は高いところにあるもの、ということでh76の平らなフォレスト高原に建っています。とても凸凹した地形に木が茂っていて見通しが悪いのですが、この大きさの建物ですから一部は高原に納まりきらず、左半分は土地が低いところにはみだしています。よって、塔も本館も左側は地下部分がむき出しになっています。低いといっても(y70)ほどなんですけどね。

 

2016-02-27_01.09.05

その低地(y70)付近。地階の中を覗けますが入れません。カーペット防御は視界を遮ることなくモブを遮ってくれるのでお薦めです。

 

2016-02-27_01.40.21

今までは楽団員や店員さんの通用口に過ぎなかった、裏側にあるこの扉。

 

2016-02-27_01.05.14

開けて入ると、左側がスポーン楽団、右側がスポーン・カフェバーに通じでいます。今回は正面を掘り下げ、地下への階段を作りました。いずれ、塔からも地下に行けるようにするつもりですが、当分の間、地下へ行くにはここから行くことになります。重要度+10UP!

 

2016-02-04_13.30.35

まずは地下一階をy70まで掘って掘って、地上と同じように壁を作ります。ここは本館部分です。後に本館部分のみy65まで掘り下げました。これは普通の街並みの高さです。その結果、塔と回廊部分が上部にあるという、体育館のような構造になりました。

 

2016-02-27_02.18.06

壁のすぐ向こうは土。このようにお城の地下は大部分が土や石を掘って掘って空間を作っていったのですが、一部は勝手が違いました。

 

2016-02-04_13.42.38

冒頭で触れた低地(y70)部分は、地上に壁を積んだわけで、凸凹の地面に木も生えているという野原状態。

 

2016-02-04_13.51.11

さあ、たった一つブロックを積むところぉから~、は・じ・め・よう・かっ?(^^♪

 

2016-02-04_14.33.54

で、地階っぽくなってきました。息苦しくて窓を開けようと思いついたら。

 

2016-02-25_22.07.08

窓のように陽射しが入っていますが、地階です。塔も本館も壁は地上と同じ形状です。

 

2016-02-25_22.17.54

石でお化粧しました。これで地階らしさもUP。

 

2016-02-27_02.26.08

そして一足飛びに地階完成後の姿。上部回廊のある、この体育館形式にしたのは、「地階だけど地階じゃない」地階にするためです。どういうこと?

 

2016-02-27_02.51.08

それはね、こういうこと。裏口から地階への階段はまっすぐ本館部分へつながります。左が本館部分から回廊や塔に上がる階段。あっ?右は・・・?!!! 正面から見てみましょう。

 

2016-02-27_02.47.15

地階本館部分は主に旗や絵画の展示室なのですが、左側にカラフルな列車のような部屋が入っていますね。これは、スポーン拠点&倉庫群です。トンネルを拡幅して場所を確保したのはお城を建てるよりずっと前、ブログを始めた頃でしたから仕方ないのですが、お城のエリア内に一部分が重なってしまいました。どうしたものかと悩んだ結果、このように融合させることにしました。

 

2016-02-27_02.48.04

拠点&倉庫は普通の地上y65に建っています。この地階も本館部分はy65。つまり、拠点&倉庫側から見ればお城の地階は普通の一階。ただ奥の大部屋というだけのこと。ゆえに、地階だけど地階じゃなくなりました。

 

2016-02-27_02.50.17

拠点&倉庫と地階本間部分が直接接しているのは、お食事関係、レッドストーン関係、ガーデニング関係、旗デザイン関係の倉庫。

 

2016-02-27_03.24.56

旗は種類が増えて倉庫内では納まらなくなったので、(倉庫からすれば裏の)お城の地階へ貼って並べました。貼って見るのは大事ですね。チェストに格納されている時はミニミニ過ぎて、どんなデザインかわかりません。ずっと前に作った旗などは特に。

旗展示会の様子や旗の作り方は次回の記事にします。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マイクラで大物を作っていたらブログ更新が滞りました。クリックお願い~♡

minecraft88_31

br_c_3382_2
マイクラブログ一覧ページが出ます。マイクラ風土記も参加しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

2 comments on «地下だけど地下じゃない»

  1. いつもサラさんの記事を見て思うのですが、サラさんの頭の引き出しの数は相当だと思います。ド●えもん、ミカサラ、ワンス、BFにといろんな建築物を作ってますよね。どこからそんなにインスピレーションを得られるのか、不思議でもあり羨ましくも感じます。僕はマイクラ歴がそれほど長くありませんが、サラさんのブログを見て頑張っているので、サラさんもどうかご自分の体を大切になさってください。長文すみません。

    • あたたかいコメントをありがとうございます。頭の中身を褒めてもらえることなど滅多にないので何度も読み返してニコニコしております。

      サラは本やお芝居や映画に入り込むのが大好きです。ネットの海でも様々な世界が浮かんでいるので、いつも時間が足りません。リアルの生活を大事にしなくてはと自戒しつつも、楽しいことは自然に追究しちゃうもので、何も誇れません。でも、ブログという楽しみを詰め込める場があること、それを認めてほめていただけること、こんなサラはなんて幸せ者なのかしら!

      ランビアさんも、お名前から察するにサラのお仲間でいらっしゃるのでは?「星を継ぐもの」はあらすじを見ただけですが壮大にして緻密で読んでみたくなりました。勝手にここからお取りになったのかと考えて書きました。勘違いでしたらごめんなさい。ランビアって地名もありますしね。他の由来でしたらお許しください。

コメントを残す