序・破・急に天地創造

~Fantasy Enlightening the Sarah’s World ①~

序:岩盤までまるごとくり抜こう

2016-02-29_01.11.49

現在スポーン城の地下を開拓中。前々回は塔と回廊はy70まで、本館部分はy65まで掘り下げ、体育館形式の地階だけど地下じゃない空間を作りました。では、さらに下はどうしましょう?y65はサラ・ワールドの地面基準線ですから、これより下はどこからどう見ても地下になります。

 

2016-02-24_20.03.41

本館部分の地下に眠っているお宝を明らかにすることにしました。y64から岩盤まで、鉱石だけを残して他の石や土をひたすら撤去します。こんな風に。次第に鉱石の姿が露わに。どこにどのくらい、どんな形で埋まっているのかなあ?全体を見るのが楽しみです。

「岩盤まで全部くり抜いたら、輝く鉱石群の間にレールをかけて、トロッコに乗って星巡りの旅をするんだ・・・」

星巡りの夢、そのためだけにコツコツと石を掘る、掘る、掘る。ほとんどトランス状態で掘っていたので、スクショもあまり撮っていません。スライムだけが心の友。だったけど、たびたび突っついてくるのでウザくなりスライムボールになってもらいました。

 

2016-02-24_20.53.14

時々このような洞窟の穴が大小空きます。エンダーマンが自発的に手伝ってくれていました。せっせと土を運びだしてます。でも、どういうわけか部屋の中央に置いて行ったりする・・・。

 

2016-02-26_01.00.02

こんなに大きな塊が二つも三つもくっついていたりするんです。鉱石は立方体に一個ついて5個、ひし形に4個など形にパターンがありますね。石炭はごちゃごちゃで数が多いのでパターンが見えません。

 

2016-02-24_23.16.21

突然悲報が。膨大な時間と労力とツルハシを消費して鉄と石炭ばかりの数十層をはがし、ようやくレアな原石が見込まれるY20ほどの楽しい地帯に来た時に、このような掘った跡が現れました。昔ブランチマインニングをした時、二本ほど城の敷地内まで突入していたのでした。当然その通路にレア原石はありません。しかもこの下は岩盤までこの調子でラインがついています。

これは非常にまずいです。本館部分の地下にどれだけ埋まっているかという数が不正確になるし、星巡りの星が消失したわけだから・・・。ただ、地下全体からすればほんの一部分に過ぎないし、ほとんど鉱石を取った跡もなかったので、大した影響は無いかも。

 

2016-02-25_00.55.57

「岩盤まで全部くり抜いたら、輝く鉱石群の間にレールをかけて、トロッコに乗って星巡りの旅をするんだ・・・」
振り返ればフラグを立ててしまってました。でも、浮かぶ鉱石群、きれいでしょう?

 

破:星巡りの夢⇒地に足をつけた計画へ

2016-02-25_00.56.15

岩盤まで掘りました。今までのマイクラ人生で数回、同様の鉱石の大空間を作りましたが、ここの地下はそれらに比べて期待外れでした。ブランチマインニングの跡はそれほど無かったので偶然かもしれないけど、そのあたりがスカスカに感じます。

 

2016-02-25_14.46.18

それに思ったより金やダイヤが出なかったので、綺麗さもいまいち。この大空間にダイヤはこの壁に壁に埋まっているこれだけ。ならば、星巡りは今後エメラルドの出る高山地帯に作ることにして、ここには別のものを作りましょう。もっと地に足のついた落ち着いたものを。

 

2016-02-25_00.55.07Y60あたりから眺めると鉱石群はこんなにぎっしり。せっかくここまで掘ったものを無駄にするの?あれだけの時間と手間を?と迷います。でもここでの星巡りはきっとうまくいかないわ。心ゆくまで眺めたら鉱石群も回収します。あああ。

 

2016-02-25_14.43.12

次の計画のために動き出そう、下を向くのは止めて空を見上げて。って空無かった。空を作ろう。

 

急に天地創造

2016-02-25_23.52.57

青い羊毛で空を創りました。掘り終ってからだと足場が無いので一面に張るのは大変でした。壁から一本橋を延ばしたりすぐ上の地階床を壊して青い羊毛をはめる二度手間をしたり。しかも落ちないように常にシフトキーを左手の小指で押しながら薬指でWSAD。空ができた後左手の左半分は麻痺してキーボードに張り付いてました。

 

2016-02-25_14.46.58

アイテム化したブロックはやたらあちこちに散らばって落ちていきます。アイテムの消える5分以内に拾うのはたいへん。計画性の大切さが身に沁みました。スライムがペタペタくっつけて集めてくれたらいいのに。

 

2016-02-25_23.11.05

地面も作ろう。まず五飛びでシーランタンを置いてたいまつ撤去。五飛びが岩盤に重なったらどうしようかと心配したのですが、運のいいことに全部かわしました。ラッキーと喜びましたが、

 

2016-02-25_23.24.46

土を敷く段になって、どうしたって岩盤と重なることに気がつき、結局一段高くやり直してh6を地面にしました。お花の模様を並べました。お花模様はサラワールドの代表的なモチーフです。サラの服やお城の天井などあちこちについています。

 

2016-02-25_23.31.32

地面から手の届く範囲の鉱石は楽しく回収しました。

 

2016-02-25_23.25.26

はい、地面ができました。磨いた閃緑岩の壁は試しにやってみたものですが、これだけの四方の壁を賄いきれないのと模様がつけられないということで、この後撤去しました。

 

2016-02-26_00.47.46

そして、命の種を一つぶ撒きました。

2016-02-26_00.49.44

2016-02-26_00.48.00

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-02-26_01.16.56

青い空、土は緑になり、こうもりさんが飛び回り、活気が出て来ました。こんなに至近距離でこうもりさんをパシャ!しました。こうもりさんはポーズをとってくれました。

 

2016-02-26_01.01.392016-02-26_01.28.30

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-02-26_00.40.35

土を緑化させている間に焼石で壁を造り始めました。

 

2016-02-26_01.07.50

足を滑らせた時のためにしっかり着込みました。h65まで積みますので後半はフル装備してても意味ないのですが、前半だけでもちょっと安心。

 

2016-02-26_01.09.50

壁は、幅・高さともに10ごとに石レンガにして模様をつけます。

 

2016-02-26_01.07.45

壁を積みながら、手が届く範囲の鉱石を回収していきました。

 

2016-02-26_02.08.55

一面目の壁が出来ました。石レンガのラインの交点にシーランタンを置き、眩しいので黒ガラスで覆いました。

 

2016-02-26_03.17.00

2面目の壁ができました。実際は段数とxやzの数字をを数えながら足元に置いていくので位置を間違えずに置くのは難しく、地面に下りて遠目に眺めてはずれているのを発見し、溜息つきまくりました。このスクショの時も、右側の壁の一番下の横ラインがずれています。

 

2016-02-26_02.35.55

その間に地面の緑化も完成。ん?お花がひとつずれてますねえ。それから、一つだけ土ブロックのままの頑固者も。

 

2016-02-26_06.16.57

3面目の壁完成。鉱石がすごく少なくなりました。

 

 

2016-02-26_08.25.39

4面とも壁が完成しました。階段も3マス幅できちんと整備しました。

 

2016-02-26_09.08.05

階段によって、残った中央部分の鉱石もなんとか回収できました。

2016-02-26_17.24.19

この大空間を掘って手に入れた鉱石の類です。閃緑岩はこの後も大いに使う予定がありますので、石の中でも特別扱いで掘りました。

 

2016-02-26_09.07.45

きれいな空だなあ。

 

2016-02-26_10.47.27

この大空間の地面に、どっしりとしたものが作られました。エンダーマンはたびたび手伝ってくれています。ゾンビもついてきてますね。ちゃんと階段を使って昇り降りするところが可笑しい。

 

2016-02-26_10.48.14

縄文時代の火炎式土器かしら?

 

2016-02-26_10.48.22

いいえ、これは蓮台です。「地に足のついた落ち着いたものを」作るんですもの。だけどこれだけじゃ終わらないわよ?

 

次回は、「地に足のついた落ち着いたもの」の、さらなる意味が暴かれる!の巻です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

蓮台とは乗り物の方ではなくて仏像の台の方。よく蓮の花の形をしてます。
うんうん見える見えると思った方、石こんなに掘ってご苦労さんと思った方、
クリックよろしくね。

minecraft88_31

br_c_3382_2
マイクラブログ一覧ページが出ます。マイクラ風土記も参加しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

コメントを残す