ジャイアント・サラ降臨!

~Fantasy Enlightening the Sarah’s World ②~

2016-03-02_23.44.51

前回は蓮台が出来ました。今回は蓮台の上にジャイアント・サラをお迎えしました。身長32ブロック。足を地につけたサラ。おお、前回書いていた「地に足をつけたどっしりとしたもの」、「サラなる意味」とはこのことでしたかーーー!。

 

2016-03-02_15.51.27暗かったので、ジャイアント・サラは息をふーっと吐きました。そしたら息は光の結晶となって浮かび、地下空間を照らしました。

 

2016-03-03_01.21.00

ジャイアント・サラが地に足をつけると、蓮台の周りに色とりどりのチューリップが咲きました。

 

2016-03-03_00.02

ジャイアント・サラのフォースで壁に輝くSarahの文字が浮かび上がりました。

 

2016-03-03_01.29.42

階段の途中からだとお顔を見るのにちょうどいい高さです。地面まで下りるのが正式ですが、ここで対話したりお祈りしたりも可。このジャイアント・サラとはいったい何者?

 

2016-03-03_01.22.09

それはマイクラ風土記を始めてから今日までに、ワールド選択画面にいくつも増えてしまったサラ・ワールドにいるサラたちの大元、根源、本体が降臨したものです。一説にはプリンセス・サラニティといい、宮殿はスポーン・キャッスル。マイクラの四角い月に代わってお仕置きすることもあるとかないとか。とにかくワールドの運命を背負って今日もパワーを放ち続ける存在。

 

2016-03-03_01.08.08

ジャイアント・サラは右手にたいまつを掲げ、左手に銘版を抱えています。そう、自由の女神のように。

あの女神像は正式名称は世界を照らす自由 (Liberty Enlightening the World) で性別は不明なのですけどね。これ、マイクラにふさわしい言葉だと気に入りました。サラ・ワールドでは「サラ世界を照らすファンタジー」ということで正式名称は「Fantasy Enlightening the Sarah’s World」 としました。銘版はLibertyが独立記念日関連なので、Fantasyはサラワールド開闢日にしました。※開闢(かいびゃく)≒ワールド生成

まとめ:サラの根源であり本体であるジャイアント・サラはファンタジーそのものでした。

 

2016-03-03_01.17.34

地階の端からジャイアント・サラに会いに行けます。トロッコでも行けますが、今のところ途中下車はできません。Y6直通のみです。

 

点滅文字の作り方メモ

サラの備忘録です。初心者なので、レッドストーンを置くブロックの高さがわかるように、段数によって色を変えました。

2016-02-27_10.55.41

これを上から見ると回路図になります。

文字を光らせる

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジャイアント・サラにクリックを捧げましょう。。。。という設定に乗ってください。

minecraft88_31

br_c_3382_2
マイクラブログ一覧ページが出ます。マイクラ風土記も参加しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

2 comments on «ジャイアント・サラ降臨!»

    • 偶像・・崇拝・・!!(笑)
      地に足をつけた大きなものが作りたいから始まった全身像構想だったのですが
      ちょっとファンタジー過ぎる設定でしたかね?
      どちらかというとファンタジー崇拝でして、あの像は壊れても大丈夫、発狂しません。
      安心して笑い飛ばしてください。

コメントを残す