<司書堂>おいでよ!司書の店

サラ・ワールドではバージョン1.9の嵐が吹き荒れました。特に、トロッコに乗っていた村人が大量に異空間に消失した痛手は大きく、その復旧にたいへん時間がかかり、マイクラ風土記の更新が滞りました。

2016-03-23_21.40.57

それでも、司書堂にも巨大エンブレム『司』がついたりおしゃれな柵ができたりしました。

 

2016-03-23_21.41.18

入口。この店で買い取るものと売るものが表示されています。奧のブースには既に司書たちが入って開店準備しています。
これで名実ともに司書の店になりました。ここまでの経過を振り返ると、けっこうたいへんだったかも。例えばね・・・

 

2016-03-17_11.00.57

そもそも1.9台風の被害で、スポーン商店街の店では一人を残して全滅していた司書たち。まずその一人を司書堂へ配置転換。

まだ司書堂は建設中ですが、中断してこの後はスポーン商店街の復旧を優先して村人を増殖させていました。

 

2016-03-11_02.43.48

村人を増やす拠点は家畜の安寧村にある畑、ここが小麦農民団なのです。以前スポーン商店街を作った時に、よく生まれる牧師と司書は二大勢力として小麦畑とにんじん畑に分けました。しばらく来なかった間に、小麦畑は手入れされていますがニンジン畑は実っても収穫されてません。

 

2016-03-15_21.50.55

これは嫌な予感。にんじん畑は農民系の村人が小麦畑より少なかったから、村人のインベントリがいっぱいになってしまって、耕作意欲が無いのではなかろうか。いっぱいニンジンを収穫して、いっぱいニンジン投げて、子どもをどんどん生んでもらわねばならないというのに。そこで、ニンジンを全部サラが収穫して耕地に戻してあげました。すると、農民系村人はニンジンを植え付けたので、インベントリが空いたようで、それからは順調に植え付け収穫をしてました。良かった。

 

家畜の安寧村バグ透視

地上および地下のドアの壁のおかげで、アイアンゴーレムが常時7.8体は湧いているほど、村人を住まわせることができます。が、まあ時間のかかることかかること。リアル世界で三日ほど村人のお産にかかりきりでした。ただでさえハートマークが出るのに時間がかかるのに、身動きが取れなくなったり、トロッコが一マスずつトコトコ動くのを見守れるほどラグくなる範囲があちこち発生していたのです。そのせいか、視点を変えるたびに地下が透視されたりして面白かったので、たまたま撮れた畑の地下をアニメにしました。地下で作物を密かに搾取されている実態が明るみに出てしまいました。

 

2016-03-11_13.57.51

そんな家畜の安寧村から集団就職。数回でバージョン1.8世代の司書たちは畑からいなくなりました。

 

2016-03-11_13.57.58

帰ってきているように見えますが、実際は司書堂へ向かっています。先頭のトロッコがすごい勢いで走っていってしまい、司書が後ろ向きになって、最後尾のかまどトロッコは遅れてついてきているので変なスクショになりました。

 

2016-03-11_14.22.20

新入社員は一階ロビーで待機。このあとレールを張り巡らせて、各自のスキルごとにブースに配置していきました。

 

2016-03-20_22.00.47

小麦農民団では、次々子どもが生まれます。ただ、再起動しても何してもラグかったので、成長するのもやたら時間がかかりました。村人の成長時間は明記された文献が見当たりませんが、動物の仔はリアル時間で20分で成長するのに、いくら人間様でも2時間3時間はないでしょうよ(怒)。少しでも早くと、ずっと「LANに公開」を押してました。パソコンの蓋を閉じていてもマイクラ内の時間は進行しますからね。こうしてリアル三日の時間が奪われが過ぎました。

元からいた村人は商店街なり司書堂なりへ行ったので、今いるのはバージョン1.9世代の村人です。司書もっともっと~!。

 

2016-03-11_01.56.17

この際、司書堂の書店員採用計画を前倒しして、1.8世代の後は、1.9バージョンで新しく生まれた司書たちも採用して、どんどん配置することにしました。

 

2016-03-22_13.31.23

こんな風に。ブースに司書を押し込むにはパワードレールが必須。いつも持ち歩いていました。司書さんの採用を何回も繰り返し、ブースは徐々に白い服で埋まっていきました。

 

2016-03-22_13.33.48

目的のブースまでレールをつなぎ変えするのって案外楽しい。そしてこの司書さんが飛び込んだブースは、

 

2016-03-22_13.33.56

1.9で出た新エンチャント「修繕」。意外と早く現れました。まだブースは全体の半分も埋まっていないのに、もう二人目です。しかし、同じく新エンチャント「氷結歩行」は全然出て来ません。

 

2016-03-22_13.25.15

とにかく生んで運んで配置して、を繰り返す日々。何度も繰り返すうち、村人を乗せたトロッコが見た目は空っぽになって走るようになっちゃいました。しかもそれが定番化。村人は途中の線路に棒立ちしてます。クリックしても取引内容も出ないし、突っ立っている村人にはゾンビも手出ししてきません。透明な存在になってます。

 

2016-03-15_16.38.27

もちろん、ブースに飛び込んだ時も見た目空っぽのまま。でも、トロッコは必ず壊してあげましょう。異空間消失はもうこりごり。

 

2016-03-15_16.38.38

するとあら不思議、ぽん!と乗っていたはずの司書が空中に出現して、とん、と着地します。遠くに突っ立っていても、下の階にいても関係なく飛んできてくれるので、便利っちゃ便利。

 

2016-03-21_13.08.31

ちなみに、同時進行でスポーン商店街にもいなくなった分の村人を輸送していて、ここはスタッフオンリーの裏口搬入路ですが、このように空っぽのトロッコからニンジンが放り投げられたりしました。線路に突っ立っている見えてる村人は幻で、見えない実体がトロッコに乗車しているのですね。ちょっとオカルトっぽい。

 

2016-03-21_13.09.57 2016-03-21_13.10.07

 

 

 

 

 

 

 

 

トロッコから幽体離脱した村人が突っ立っていても問題ありません。次に来たやはり空っぽのトロッコは跳ね返らず通り抜けます。そしてトロッコを回収すると無事現れる、となります。ぞわっ。

 

2016-03-22_16.50.05

さて、子どものまま司書堂に送られてきた司書が大人になったのでクリックして配属先を見てみると?! 出ました、新エンチャント「氷結歩行」です。しかもⅡの方。新しいエンチャントも揃ったし、気づけばほとんどのブースに司書が配置できたし。もういいかな?

ちなみに、スポーン商店街から司書の店を無くし、空いたところに肉屋を移動して、今まで農民と羊飼いで半分こしていた店をそれぞれ独立した一店舗にしました。商店街もリニューアル復活したし、ここらで一区切りかな?

 

2016-03-24_03.01.14

農民を大量移動したにもかかわらず、にんじん畑も農民系が増えに増え、耕作は順調だけど、子どもがなかなか生まれなくなりました。ハートマークすらめったに見なくなりました。そこで他の職業は全員背後の家々に移動させましたが、それでもあんまり生まれません。もしや、区域ごとに柵で囲ったことは無視して、すべて家々までひっくるめて村と認定されているのかしら。ずいぶん広大な村になるけど。だとすると家々に移動させても人口いっぱいいっぱいなのは変わらないわね。試しに家々の村人に数人消えて頂きました。すると、すぐにハートマークが出て、子どもが三人も生まれたんです。そして、また沈静化。偶然かしら?でもね、今までは柵で囲った区域ごとに増えていたと思うのだけど。1.9から村の判定が変わったのでしょうか?

商店街も復活したし、ブースもだいぶ埋まったし、1.9ならではのエンチャントも出たし、村の子どももいなくなったし、そろそろ一区切りつけることにします。

司書の点呼をしようと思いますが、既に長文の記事になりましたので、次回「おいでよ!司書の店+(プラス)」に譲ります。お楽しみに。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

司書堂社長兼助産師だね、と思ってくださったらクリックお願いします。

minecraft88_31

br_c_3382_2
マイクラブログ一覧ページが出ます。マイクラ風土記も参加しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

コメントを残す