メサ区

 

メサ区

 

大マップ一つ分を必要とするほどの巨大なメサ・バイオーム。

珍しい赤い砂の大地。幾層にも積み重なった焼きレンガの地層はある時は地下にある時は山のように高く隆起し、奇観と絶景が見渡すことができないほど広大に続きます。そこで、地層がはっきり分かれていて見た目もきれいなこの土地は、子どもたちが学習のために遠足に来るという、地層で有名なところにします。その名はメサ。

けれど、メサは親しみやすい観光地ではありません。歴史の中で、人間界ではない神聖な場所とみなされてきた土地なのです。なぜなら、ここには川がほとんどなく、一面土が固く緑が茂らない土地。海水が浸み込んだ焼きレンガなので、長い間人が住もうとする世界ではなかったからです。けれどきれいな地層と、時々地層に埋まっている生物や鉱石のおかげで、人々の心の中で荒れ地とはならず、神格化されたのです。

科学技術が発達し、自然界の謎が数多く解き明かされつつある現在は、メサにも調査の手が入りいくらか人が住めるようにもなりました。メサには使い切れないほどの焼きレンガがあります。希少な粘土を掘って焼く手間がなく、また色付きの焼きレンガも存在するので、一部の人々は焼きレンガをせっせと掘っては町へ運び出しました。しかし、無計画に掘ると、景観を崩します。山を保全するため、掘る場所は海辺から続く平坦地付近とし、ポドソルという草の生えない土の持ち出しを整地時に出たもののみと、規制がかかりました。それでも、広大なメサには、町で使うに十分な焼きレンガと砂があります。

メサはまだまだ未知の空間です。最近は地中に空洞があることもわかっています。どんなものと出会うのか、楽しみに発見していきましょう。

【みどころ】

付近に海底神殿。

驚くほど多くの焼き煉瓦採収。

珍しい赤い砂採取。

ネザーゲート設置。

 

 

 

コメントを残す