城下町から南にトンネルを掘る

大大通りですが、南と北は道を伸ばしていくとすぐに山にぶつかります。そこでトンネルを掘ります。主に人と馬が行き来する道です。

南側をくり抜いてみました。はあ・・やっと屋根があるところができたよ・・・。これで雨が降っても一安心。牛さんも喜んで出たり入ったり。

2014-09-19_09.58.20南側は将来はお城の地下となり、トンネルというよりは大大通りの続きとして、バザールみたいな雰囲気で賑わう予定です。ですから道幅を広くし、高さも馬は3ブロックあれば通れるのですが、壁に沿って店を構えたいので4ブロックにします。さらにアーチ型天井にする予定ですから、道の中心部で上を見上げるとかなり開放感があるでしょう。

2014-09-19_01.19.33南の向こう側に出ました。底面はh65ですが、こんなに1.8新顔岩さんがひっきりなしに埋まっています。これは表層がh80の地下だからでしょうか?前に削った丘のh65は、こんなに顔を出してくれてなかったように思います。しかも

2014-09-19_01.39.49岩が連続で大量に。奥には鉄までありますよ。やったー!バケツが欲しかったので嬉しい。

2014-09-19_01.44.16こんなに奥深くまでずっと掘り掘りしました。まだ見えないところにも広がっています。トンネルとしてはこの跡地をどうにかしないといけませんね。

1.8新岩

南側トンネルをくりぬいた壁面に露出している岩と鉱石だけでこれですよ。もっとも、整地にはまだまだ足りませんが。