100匹わんわん小合戦

風土記の更新が間が空いてしまいました。いつもならそんな時はナニカ無茶苦茶なことを企ててたりしているのですが、今回はほとんど何もしていません。実はね、サラは

B型インフルエンザに憑りつかれてました。

前回の熱い「わんわん大合戦」のために、こんな寒いところにいたからでしょうか。

ロイヤル・サラ病院には約二十人のインフル仲間が集っていましたが、皆さんA型で、B型なのはサラ一人とお医者様からレア保証を頂きましたが、そんなレアドロップ、いらなかったよー。密かにドロップしていて、いつの間にかインベントリに入ってるんですもの、ほんと、たちが悪いですよね。皆様もご用心くださいませ。また、現在進行形でインベントリに入ってしまっている方は、どうぞ無事に回復なさいますよう。

それでは、インフル・バグで強制ログアウトになる前にやってたことを振り返ってみようと思います。

 

わんわんvsスケルトン Fight! までが長い

 

前回のラマ戦が、どうやってもわんわんの一方的な優位がひっくり返ることはなく、大合戦というタイトルに寒風が吹いていたので、そうだ、宿敵スケルトンなら強そうだから、戦わせてみたら大波乱の展開になるのではないかしら、とスケルトン戦をすることにしました。

スイートワールドにある合戦場をそのまま使います。今回は赤陣のわんわんたまごはそのまま、青陣のディスペンサーの中身をスケルトンのたまごに入れ替えて、レバーON!

 

失敗。わんわんしか生まれないよ?なんか、スケルトンぽいのが一瞬でるんだけど消えるの、なんで?なんで?
あっ、建築主眼のスイートワールドはピースフルにしてたんだったわ!スケルトンはピースフルじゃ生まれないわよね!

イージーにしました。それから、このまま再びレバーONすると200匹わんわんになってしまうから、今いるわんわんはご退場願わなくちゃ。魔法の言葉はこうよ。

/kill @e[type=Wolf]

くうーん!そして静寂。さて、改めてレバーON!

 

失敗。ちゃあんと、わんわんもスケルトンもわさわさって生まれましたが、あっ、スケルトンがどんどんオレンジ色に。そうでした、お日様の下では彼らは戦えないのでした。サラがオロオロしてる間に全員白煙と化し、合戦場はまたもや100わんわんだけになりました。

 

そこで、合戦場の真上に日除けを作りました。魔法の言葉はこうよ。

/fill 闘技場の角のX 65 Z その対角線の角のX 65 Z 闘技場の角のX 220 Z  minecraft:wool 0 (これは間違い)

羊毛は何色かあるから後に数字をつけないと成功しません。ちゃんと調べれば良かったんだけど、とても億劫だったので(きっとインフルのせいよ、インフルのせい)白でいいや、きっと原点は白、そして原点だから0に違いないと思って0にしました。

そしたらオレンジの羊毛がお空にうわわわんって出来ました!視界に入れたくないから高高度220にね。

【1/12追記】コメントでコマンド文の間違いについてご指摘を頂き、下記に訂正しました。
実際に日除けが出来てるところを見るとゲーム内ではちゃんと書いてると思うのですが、ブログに書いた時のは病み上がりでボーっと、いえ普段もボーっとしてますからダメですけども、/fillでコピペする時のと混同しちゃいました。
同じコメントで、「Ver1.11からのアップデートにより、woolの色などのメタデータ値を数字だけではなく、color=whiteのように文字でも指定できるようになったようです。」と教えて頂きました。そこで、敬意を表して数字でなく文字の方で修正しました。

/fill 闘技場の角のX 220 Z その対角線の角のX 220 Z  wool color=white (これが正しいの)

 

このスクショはスペクテイターモードで地中から撮ったものです。回路と空の日除けが同時に見えて面白いのが撮れました。サバイバルではできない撮り方ができるのは別世界の楽しみの一つです。

ささ、ではレバーON!

 

わんわんvsスケルトン(イージー) Fight! の後が短い

成功。(^^♪ やっと、合戦ができました。

ラマ戦とは真逆。わんわんは生まれるやいなや、スケルトンの匂いを嗅ぎつけ、壁に走り寄ります。一方のスケルトンはなんにも考えることなくボーっと立ってたり、ただウロウロしてたり。動物と違って、柵に寄ってお外を眺めるなんてことも皆無。

 

戦闘開始!わんわん軍すごい!砂壁が降りて平らになるや、足並み揃えてダッシュで青陣へ突撃!

 

バラバラに逃げ惑うスケルトン。一糸乱れぬ団体行動でスケルトンを消していくわんわん。その差は歴然すぎ。

 

わんわん軍は最大に分散してもこの程度。集団で着実にスケルトンを仕留めます。

 

すぐまた大きな集団になって戦場を駆け回るわんわん軍。でも、スケルトンはわんわんを攻撃しないんです、不思議。

赤くなるのはスケルトンばかり。それはわんわんに噛まれるだけでなく、実はスケルトン同士で矢を放ち合って攻撃しちゃってるからなんです。同士討ちしてどうしようもないのはラマだけじゃなかったのか・・・。まったくもう。

 

はい、もう結果は見えましたね。ワンワン軍の流動曲線きれいです。ここまでたったの三分。意外なことに、マイクラ界の古株、戦士としてAIをテコ入れしてもらったスケルトンは新顔の戦士に全く向かないラマの1/3の時間でわんわんに片付けられてしまいました。

きっと、イージーだったからよ。ハードなら鎧もつけたのもいるし、わんわんはそう簡単に噛み殺せないわ!ということで、次はハードでやってみました。

わんわんvsスケルトン(ハード) Fight!① 円陣バグでも短い

 

レバーON!わさわさって湧いたわんわん、きれいな丸を作っています。すごくきれい。対するスケルトンはまたバラバラにウゴウゴしてます。が、ほら見て?金の鎧とか防具つけてる~!強そう。どんな勝負になるか、楽しみ。

 

近くで見ると、おお、かなりの割合で魔法の弓を持っています。これでわんわんを攻撃するのかしら。

ではレバーON!戦闘開始だあ!

 

さて、赤のわんわん側は・・・。あれ?円陣を組んだまま、動かないよ? もう砂の壁は下がっているよ。スケルトン来てるよ。

 

なんのバグだか円陣は解けません。動ける何匹かがスケルトン陣地に単身で乗り込み、倒していってます。スケルトンはこの数でも怯えて逃げています。わんわんを攻撃してる様子は見えないのだけど。

 

円陣は相変わらず。わずか数頭のわんわんに100スケルトンは完全に翻弄され、追い詰められました。ハードであっても、やはりスムーズに駆逐されてしまいました。なんだ、スケルトンってわんわんの宿敵じゃなかったの。

 

だけど、ああだけど、ここで気がついてしまったのです。今までのことを台無しにする事実に・・・。

あああ、なんということでしょう。クリエイティブでした。クリエイティブではサラが剣で斬った場合、スケルトンは抵抗しません。わんわんに対してもそうなのではないかしら、サバイバルじゃないとわんわんに攻撃しないのではないかしら?

嘆きつつ、やり直します。(インフルのせいよ、きっとそうよ)

サラ・ワールドはサバイバル限定ですが、別世界であるスーパーフラットの「スイートワールド」はチートモード製。コマンドが使えるのでサバイバルに変更が簡単。「/gamemode 0」。これだけ。見慣れた赤い♡のバーが出ましたよ。重力をみしみしと感じますよ。

わらわらって合戦場のまわりにモブの影が出て来ました。う‘ぉー、う‘-ってゾンビの声がすぐ近くに。はっ危ない!中止。

 

ただサバイバルにしただけでは、ワンワン合戦を観戦している間に襲われます。それから、レバーをONしてから高みに上がって俯瞰することもできません。安全面からも高いところから観戦しなくてはならないけど、レバー操作をどうする?

そこで、仕方なく景観無視で信号を上に伝える仕組みを作って、高いところから観戦できるようにしました。最低でもこれくらいの高さがないと、スケルトンが卵から生まれたとたん、無慈悲に射落とされます。

それでは、レバーON!

 

わんわんvsスケルトン(ハード) Fight!② でも短い

もさもさ。なに、このスケルトンの生まれ方。面白すぎ。

 

壁に張り付くワンワン軍。ウロウロたむろするスケルトン。

 

砂の壁沈下もレバーでガチャ。なだれ込むわんわん軍。燃え上がっているスケルトンは多分魔法の弓で同士討ちされたもの。開戦と同時に始まった感じで同士討ちはどうしようもありません。

 

サバイバルでもクリエイティブでも、スケルトンがわんわんに攻撃をしているようにはみえません。逃げるのみ。なあんだ。

 

あちこちで白煙をあげ、華やかな?スケルトン阿鼻叫喚図。たぶん同士討ちもしてるのだと思うけど、はっきり見届けは出来ません。

 

珍しくわんわんが赤くなってるとこが撮れました。スケルトンも一応ちゃんとやり返してるんだとようやく確認。この頻度では別の要因で赤くなったのか、クリエイティブでも仕返ししているのを見逃しただけなのか、と疑いが増すばかり。

 

スケルトン族が骨と矢を撒き散らして完全消滅するまでに、やっぱり3分ほどでした。短いです。鎧があっても魔法の弓があってもあんまり関係なかったみたい。

 

前回の大合戦のタイトルが合わないというので、やり直すべくスケルトンに白羽の矢が立ったわけですが、わんわんは、ラマの時よりも短い時間でスケルトンにあっさり勝ってしまうので、やっぱり大合戦の名にはふさわしくありませんでした。それどころか時間的にも質的にも輪をかけて小さく感じたので、今回の合戦は「わんわん小合戦」といたします。

もっと何度もやり直そうと思っていたのだけれど、むしろこれからが本番と思っていたのだけれど、既にこの頃からマウスが重くて厄介になり、戦場を目で追うことも億劫になってきていました。

そして、わんわん部隊を召喚し、さんざんラマやスケルトンを消し去ったサラは、その報いでしょうか、このあとひとりでインフル大合戦(ハード)を戦うことになるのでした。はい、大合戦ができましたねという、まさかのオチでございます。

合掌。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わんわんは別格。合戦などゆめゆめしてはならぬぞよ!

クリックをお願いします。

minecraft88_31

br_c_3382_2
マイクラブログ一覧ページが出ます。マイクラ風土記も参加しています。
記事へのコメントは下欄の青字「Leave a comment」からどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~